電脳麻酔休憩室

音楽やパソコンなど趣味の話題について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マツダ、アクセラ試乗

何故か車のブログになりつつあるがこのまま進めてみる。

今日は発売直後のマツダ、アクセラを試乗した。
アクセラといえば、先祖はファミリア、80年代初めには赤いファミリアXGが一世を風靡した。当時日産ファンだった私は日産ラングレーの赤に乗っていた。そして現在も妻用にはその末裔たるティーダの赤を所有している。何の因縁もないがマツダの販売店には何となくあこがれもあるのは事実だ。

さて、アクセラである。乗った感じは結構タイトである。プリウスもそうだが折角のFF車の全席に巨大なセンターコンソールというのはもったいない。例えばティーダの場合、足踏み式ブレーキの採用で前席間のスペースの余裕を確保して一クラス上の車種用の大きなシートを無理矢理乗せている。こんな工夫があればさらによかった。もちろんタイトな運転席はスポーティーともいえるのだが、、
試乗車は1.5l。アクセラといえばアイドリングストップの採用が1つの話題だが、試乗車としては用意されていない。セールス氏もこの辺りの道では役に立ちませんからという始末。折角の玩具なので積極的にアピールしてはと思うのだが、、
早速走らせてみる。1.5lではあるがセールス氏を隣に乗せての試乗では力不足は感じない。CVTもうまく機能しているのか違和感はない。短時間の試乗ではあるが通勤に使う程度ならこれでも可と思われた。感心したのは乗り心地の部分。道路の大きなギャップをコツンといなす。これはうちのティーダならドスンとなるところだ。あとで確認したらヨーロッパのテネコ社製ダンパーを使っている。さらにこのクラスでは珍しいリアのマルチリンクサスペンションとの組み合わせは高級車以上の乗り心地を提供している。
短時間の試乗ではあったが、走りにコストをかけた力作と感じられた。現在2台乗り続けているレガシイを買うときに、セールス氏からこの車は見えないところにお金をかけていますからと自慢気にいわれたのを思い出す。もちろん見えるところにお金をかけた車を選んでもそれはそれでよいとは思う。

オプションの組み合わせなど実際に買うとなるといろいろ融通が利かないのが欠点か?

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。